ブログの更新が少し途絶えていましたが、再開します。

最近見たニュースで「面接時のNG態度」というのがありました。
納得したポイント、気になる点をピックアップしてみました。

■到着・受付が早すぎる
これは私が実際採用側にいたときに経験しましたが、予定時間の30分以上前に来る人が時々いました。
30分ぐらいなら何とか対応できますが、それ以上早くとなると、面接会場のセッティングを行っている最中であったり、応募者の書類の最終チェックをしているなど、応対できないこともあります。
5分から10分前というのがやはり常識でしょうね。

■志望動機が「人の役に立つ仕事をしたい」
こんな答えだけで済ます人はまずいないと思うのですが、もしいてたら即アウトですね。
当然、こうは応えても、そこから具体的な内容に説明が進むはずです。
もし、ここで終わっているなんて思い当たることがあれば、おそらく、履歴書や職務経歴書の中味も抽象的な説明で終わってしまっているなんてことになっているのではないでしょうか。

■マニュアル通りに答える
これも良く言われていることですね。
マニュアルを参考にするのは良いことだと思いますが、あくまでその内容を自分自身で消化し、自分の考え、言葉に置きなおして説明する必要があります。
面接に限らず、履歴書等の書類もマニュアル通りになっていないでしょうか。
他者と差別化が図れないどころか、面接官は「あれ?どこかで読んだことがあるよ」と見抜いてしまいます

続きを読む

一昔前までは就職難の時代がずっと続いていたのは記憶に新しいところです。
しかし、最近は売り手市場に変わったようで、早々に内定を得たり、相当数の会社に内定を得る学生が話題になるようになりました。

必要な学生数を確保するのにやっきになっている企業もたくさんあります。
昔もよくあったのですが、豪華なパーティーに招待したり、高額なお土産を付けるなど、度を越した採用活動を行う企業もあります。
しかしこのようなきびしさを知らずに入社した場合、きびしさを乗り越えて入社した上司とうまく折り合って仕事やっていけるのでしょうか。

バブル期の大量入社組のことを思いだします。
大量入社した人たちが悪いというのではなく、その後のバブル崩壊で多くの人が会社を辞めざるを得なくなり、転職していきました。
このとき 希望の転職をできた人 が 何人いたでしょうか。

大量入社した人たちの中に自分自身が埋もれてしまわないとは限りません。
自分の居場所がなくなって転職を考えざるをえなくなるかもわかりませんね。
今は就職が簡単だからといって、甘えた気持ちで就活することは避けたほうがいいでしょう。

今だからこそ、しっかり自分の考えを持ち、履歴書等の応募書類も手を抜くことなく、完成度を高めていく必要があると思います。
その苦労が入社後に役立ってくるわけですから。

続きを読む

仕事が順調に行っているときや、仕事にやりがいがあるときにはあまり感じることがないと思いますが、ふとこのままでいいのかなって感じることがありませんか。

仕事以外にやりがいがある場合、例えば趣味であるとか、旅行であるとか、あるいはボランティアなどのサークル活動に生きがいを感じている場合、現在の仕事にそれほど疑問を感じないかもわかりません。

しかし、いったん疑問を持ち始めると、雪だるまのように大きく膨らんでいき、転職を考えるようになります。
当然、現在の仕事なり、職場の環境なり、あるいは人間関係など、様々な要因があって転職したいと考え始めるんですね。

自分で納得いくまで準備をして、転職するわけですから、ほとんどの転職者が転職後には満足できていると思いがちですが、実際のところ、過半数の人が転職後に思っていたほどの満足度が得られず、次の転職のチャンスを狙うケースが多いとのニュースがありました。

どうしても転職の良い面ばかりが見えて、そのリスクを過小評価してしまうんですね。
景気が上向いている今、転職のチャンスだと安易に考えるのは、少し危険であるような気がします。

続きを読む

このページの上部へ

プロフィール

運営している人のプロフィールとか入れたりしても良いんじゃないかな。

サイト内検索

最近のピクチャ

Powered by Movable Type 6.1.2