就職・転職に成功するためには、まず雇用形態を理解することが大事です。
一般企業で働く場合の雇用形態としては、大きく分けて「正社員」「契約社員」「派遣社員」の3つに分類できます。
何となく分かっている人は多いようですが、実際のところ、どこまで理解しているでしょうか。

それぞれの雇用形態を簡単に説明すると、次のようになります。

1.正社員
フルタイム勤務で企業と期限のない雇用契約を結んだ従業員。
固定給で昇給、賞与がある場合がほとんど。福利厚生面も他の雇用形態に比べて充実しており、解雇にも一定の条件が必要となるため、安定した雇用が期待できる。
企業の将来を担う人材として正社員を募集することが多い。

2.契約社員
法律上の明確な定義はなく、各企業により契約社員のとらえ方が異なる。
一般的には正社員と異なる雇用契約を結び、雇用期間が限定されている。
給料は成果給や年俸制で支払われる場合が多く、賞与がないケースがほとんど。
期間限定の雇用契約であるため、専門スキルを持っている者にとっては多くの企業で経験を積み重ねることにより、キャリアアップを目指すことが出来る。

給料も正社員より高めに設定している企業もある。
反面、専門スキルを持っていない者にとっては雇用期間終了後の再就職が希望通りにいかないこともあり、また正社員よりも給料が低く抑えられているのが通例であることから、収入面での不安が残る一面もある。
福利厚生面も正社員ほど充実していない場合が多く、企業が人的コストを抑制するために契約社員を募集するケースが目立ってきている。


3.派遣社員
労働者派遣法に基づいて派遣会社から人材を必要とする各企業に派遣される社員。
正社員や契約社員が直接雇用される会社と雇用契約を結ぶのに対し、派遣社員は派遣会社と雇用契約を結ぶ。
業務の直接指示は派遣先の企業から受けるが、勤務時間に基づく給料は派遣会社から支払われる。給料は時間給で計算され、賞与がない場合がほとんど。
仕事の有無は派遣会社次第であるため、1つの派遣業務が終了した後に連続して仕事が入るとは限らないため、収入面の不安が残る。福利厚生面はまず期待できないと思って間違いない。

各企業は人件費の増加や固定化を避けるため、正社員の採用枠を少なくして契約社員や派遣社員の採用行う傾向が強まってきています。
正社員だけにこだわっていると、なかなか就職・転職に成功しないということもあります。
それぞれの雇用形態を正しく理解した上で、状況によっては正社員以外にチャレンジするのも選択肢のひとつでしょう。

正社員以外で就職・転職する場合は、提示される雇用契約条件を充分に把握し、納得した上で入社を決めることが成功の秘訣です。