eye.jpg

就職・転職への資格の本当の生かし方

資格と就職・転職の関係については意見が分かれているようです。
「資格を持っていても就職・転職には有利に働かない」という資格否定論から、
「どんな資格でも、資格を取得することは人間の幅を広げ、就職・転職には何らかの
プラス要因になる」という全面肯定論まで、それぞれの立場で納得性のある理由付け
がされています。
では、実際のところはどうなのでしょうか。気になりますね。


初めての就職に備えるために、あるいは転職を考えているから資格の取得を目指そうと
考える人は多いと思いますが、ポイントは、どのような考えに基づいて目指す資格を決定
したのかということです。

今流行の資格だからですか。それとも高収入が期待できる資格だからですか。
将来の独立を考えて資格を選んでいるかもしれないですね。
本当にそんな選択の仕方で資格を取得して、実際に就職・転職活動を有利に展開できる
のでしょうか。

資格は担当する仕事に活かされてこそ、その真価を発揮します。取得した資格が、就職
しようとしている職種や職場で使用される可能性がなければ、就職・転職に有利とはいえ
ないでしょう。

自分がどのような仕事に就きたいのか、どのようにキャリアアップを図っていこうとしている
のかをしっかりと考え、その上でターゲットとする資格を取得すると、入社後の実務経験に
裏付けられ、本当に実力を伴った資格となるわけです。

例えば、インテリアコーディネーターの資格を取ったとします。資格を持っていながら、
お客様に提案した実務経験がなければ、実力のほどは計りかねますね。
資格を応募条件にしている企業には有資格者が集まってきます。中途採用では当然実務
経験が豊富な応募者もたくさん来るわけです。
いくら経験不要と募集内容にうたってあっても、採用側の心理からすれば、実務経験者に
おのずと心が傾くでしょう。

初めての就職なら、まずは業種、職種を決めてから、転職を考えているのなら今の職務に
関連する資格を取得して、実務経験をきっちりと積むことが就職・転職に資格を武器として
活用することができるわけです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

プロフィール

就職や転職、人生の大きな節目ですね。
自分の思い通りの就職ができ、日々充実した生活を送ることができれば良いのですが、思うように就職活動が進まない、今勤めている会社を1日でも早く辞めたいなど、日々悶々としている人もいると思います。
就職活動が少しでもうまくいけば良い、転職活動に成功したいと考えている方に少しでも参考になるような記事が書ければと思っています。
私も転職を何度も経験しました。また、人事採用に20年以上も携わった経験もあります。
その中で気づいてこと、現状で思っていることを書いていきたいと思います。