eye.jpg

就職・転職の判断に重要な業界労働事情

生活を維持していくために、どこでもいいから就職口を見つけないといけないという切羽
詰った事情がある場合を除いて、たいていの場合、転職を考えるときは、転職しようと
する業界や職種をまず考えると思います。


自分の経験範囲、守備範囲で転職を考える場合、業界事情はある程度判断できている
はずですから、入社して期待と実際とのギャップに戸惑うことは少ないでしょう。
ところが、まったく経験のない業種や職種に転職する場合はどうでしょうか。

今流行のIT業界を例にとって考えて見ましょう。
タイトな納期に追われ、最大限自分の能力と技量を発揮して業務を遂行してきた経験の
持ち主なら、IT業界に再就職しても、そんなに心配することはないでしょう。
ところが、少々IT関連の知識や技能・資格を持っているからという理由で、まったく違う
業界からこの業界に転職すると、直面する問題が浮上します。

NIKKEI NETでIT業界の過酷な労働事情が紹介されています。
IT業界に関係するすべての会社がこのような状態であるとは言い切れませんが、これに
当てはまる企業が多いのは事実です。
IT業界を転職先として考えている人は一度目を通しておくと良いでしょう。

当然、この他の業界にもそれぞれ事情や特色があります。残念ながら、華やかな求人広告、
就職情報サイトからは業界の裏事情までは読み取れません。
たいてい目にするのが、希望に燃えた社員の写真であったり、就職・転職の成功事例ですね。

あなたはこのような事例をどこまで信じますか。
事例に載っていた社員が半年後にはその会社にいないということもあります。
業界事情や業界の労働環境は自分で信頼できる情報を調べるしかないでしょう。

福岡県立図書館 参考調査課が作成した資料(平成15年3月)で、業界事情を調べる
文献
が詳しく紹介されていますので、一度目を通してみるといいでしょう。

費用が高い文献が多いので、買う必要はないと思います。
近くの図書館を利用しましょう。図書館が近くになければ、業界の内容に特化した新聞も
上記サイトで紹介されていますので、取り寄せてみるのもいいですね。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

プロフィール

就職や転職、人生の大きな節目ですね。
自分の思い通りの就職ができ、日々充実した生活を送ることができれば良いのですが、思うように就職活動が進まない、今勤めている会社を1日でも早く辞めたいなど、日々悶々としている人もいると思います。
就職活動が少しでもうまくいけば良い、転職活動に成功したいと考えている方に少しでも参考になるような記事が書ければと思っています。
私も転職を何度も経験しました。また、人事採用に20年以上も携わった経験もあります。
その中で気づいてこと、現状で思っていることを書いていきたいと思います。