eye.jpg

転職・就職情報の正しい利用の仕方

一昔前までは、就職情報といえば、新聞や有料の就職情報誌が主流でしたが、最近では
インターネットで情報を集めることが一般的になっているようです。

就職や転職のキーワードで検索すると就職・転職支援サイトがズラリと並びますね。
情報を集めやすい反面、下手をすると情報に振り回され、いつまでたっても情報とにらめっこが
続くなんてこともあります。


正しい情報の集め方、利用の仕方を身につけておかないと、思いのほか時間がかかり、
せっかくのチャンスを逃してしまうことになるかもしれません。

利用者が多い転職支援サイトとしては、「毎日キャリアナビ」、「リクナビNEXT」
「en社会人の転職情報」、「人材バンクネット」などがあります。これ以外にも多数のサイトが
ありますが、すべてのサイトで求人情報を検索するのは時間の無駄でしょう。

自分の気に入ったサイトを1つもしくは2つぐらいに絞りこんだほうが、効率よく情報を収集する
ことができます。
絞り込んだサイトで定期的に情報を検索し、その他のサイトはスカウトサービスや希望条件に
見合った求人情報をメールで送信してくれるサービスを利用し、時間をかけずに必要な情報
だけを手に入れるわけです。

ただし、利用するには個人情報の登録が必要であるサイトがほとんどであるため、躊躇する
人もいると思いますが、登録情報を企業にオープンにしない設定も可能であるため、あまり
気にせず、どんどん利用するといいでしょう。

「人材バンクネット」などは自分にあったコンサルタントを検索することもでき、デジタル情報
だけではなく、アナログでの相談も可能となっています。

就職・転職支援サイトのもうひとつの利用メリットは、マニュアルや履歴書などのテンプレートが
豊富であることです。いくつかのサイトにさっと目を通し、役立ちそうなマニュアルやテンプレートを
ダウンロードしてそれぞれのいいところをまとめていくと、自分なりの素晴らしいマニュアルが
できあがります。

転職事例を載せている場合も多いので、作成したマニュアルに追加するといいですね。
あとは周りの情報に振り回されることなく、自分のマニュアルに従って行動することが就職・転職の
近道になります。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

プロフィール

就職や転職、人生の大きな節目ですね。
自分の思い通りの就職ができ、日々充実した生活を送ることができれば良いのですが、思うように就職活動が進まない、今勤めている会社を1日でも早く辞めたいなど、日々悶々としている人もいると思います。
就職活動が少しでもうまくいけば良い、転職活動に成功したいと考えている方に少しでも参考になるような記事が書ければと思っています。
私も転職を何度も経験しました。また、人事採用に20年以上も携わった経験もあります。
その中で気づいてこと、現状で思っていることを書いていきたいと思います。