eye.jpg

就職・転職における面接のキーワード1

就職活動や転職活動において、必ず突破しなくてはいけない関門が面接です。
書類だけで採用する企業はまずないでしょう。

面接も何度か経験してくるとある程度の要領はわかってくると思いますが、それでも、何度
面接を受けてもうまく行かない人がいるのも事実。
面接でいい評価を得る人と、悪い評価になってしまう人の差はどんなところにあるのでしょうか。


潜在能力の差ではないようです。
どれだけ高い能力を持っていても、あるいは過去に実績をあげていても、面接に失敗してしまう人は
多いのです。

面接で評価を下げるポイントとしては次のようなものがあげられます。

1.服装・身だしなみa,/font>

第一印象は服装や身だしなみで決まります。
面接にふさわしくない服装やお化粧、アクセサリー類は要注意。
第一印象を悪くすると、採用担当者は面接に力が入らなくなってしまいます。

2.声の大きさと出し方

これも印象を左右する上で、大事なポイントです。
自分では大きな声でハキハキ話しているつもりでも、相手には元気なく聞こえたり、口ごもって
聞こえる事があります。
自分の話し声の印象は意外と自分ではわからないもの。
できれば誰かに聞いてもらって、声の大きさは妥当か、聞き取りやすいかどうかを確認したほうが
いいでしょう。

3.質問をしっかり聞き、的確に答える

採用担当者が色々質問をしてきますが、質問の意図をしっかりと理解して、要領よく的確に答える
必要があります。
時々質問に対する答えと自己アピールを混同してしまい、長々と自分勝手に答える人がいますが、仕事ができない人だと評価されてしまう可能性が大きいでしょう。

4.相手の目を見て答える

目を伏せたり、部屋のあちこちに視線を向けながら受け答えする人がいます。
これは自信のない人に多いパターンですが、当然採用担当者はそのように判断してしまうでしょう。

5.終わり良ければすべて良し

面接は最後まで気を抜かないこと。
すべての質問が終わった時点で面接終了ではありません。
その会社を出て初めて面接終了です。
どこで見られているかもわかりませんから、会社を出るまでは気を抜かないことが必要です。

気をつけたい点はこれだけではありませんが、ちょっと気をつけて面接を受けると、評価をプラスにも
変えることができる大事なポイントでもあります。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

プロフィール

就職や転職、人生の大きな節目ですね。
自分の思い通りの就職ができ、日々充実した生活を送ることができれば良いのですが、思うように就職活動が進まない、今勤めている会社を1日でも早く辞めたいなど、日々悶々としている人もいると思います。
就職活動が少しでもうまくいけば良い、転職活動に成功したいと考えている方に少しでも参考になるような記事が書ければと思っています。
私も転職を何度も経験しました。また、人事採用に20年以上も携わった経験もあります。
その中で気づいてこと、現状で思っていることを書いていきたいと思います。