eye.jpg

新入社員の転職意識

ソースネクストが2007年新入社員の転職意識について興味深い調査結果を
発表しています。
調査は2月23日~26日にインターネット上で行われたとのことですが、「転職しないつもり」は56.4%
と、意外と高い数値になっています。
昨年も同様の調査をしており、昨年から2.4ポイントの微増。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070329-00000059-zdn_b-sci


面白いのは人事担当者は、この数値を鵜呑みにしていないということですね。
実際のところ、入社後3年以内に転職する割合は高卒で5割、大卒で3割の割合で、この
傾向は変わっていないところをみると、今後も大きな変化はないと見たほうがいいかもしれ
ません。

それよりも気になるのが企業側の大量採用の傾向ですね。
過去にもありましたが、大量に採用するということは、社内での競争が激化する可能性が
あるということです。
売り手市場だからと浮かれていると、転職を余儀なくされる。
そうならないためにもしっかりと実力を身につける必要がありますね。

終身雇用を企業に求め、安定志向で入社する気持ちも理解できますが、いざというときに
我が身を守るのは自分しかいないわけですから、そのための準備も怠らないようにしたい
ものです。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

プロフィール

就職や転職、人生の大きな節目ですね。
自分の思い通りの就職ができ、日々充実した生活を送ることができれば良いのですが、思うように就職活動が進まない、今勤めている会社を1日でも早く辞めたいなど、日々悶々としている人もいると思います。
就職活動が少しでもうまくいけば良い、転職活動に成功したいと考えている方に少しでも参考になるような記事が書ければと思っています。
私も転職を何度も経験しました。また、人事採用に20年以上も携わった経験もあります。
その中で気づいてこと、現状で思っていることを書いていきたいと思います。