eye.jpg

就職・転職事情の変化、企業は第2新卒採用に意欲的

就職戦線の状況を見ると、来春卒業予定の新卒者は、ほぼ9割が内定を得ているようです。
バブル期に戻ったような超売り手市場の中で、人材の必要枠を確保できた企業はいいですが、
大手で企業でも、まだまだ採用枠を満たすことが出来ていないところも現実あるようです。

そこで、目をつけられたのが第2新卒やフリーターたち。
私も採用業務に長年携わり、何度も超売り手市場を経験しましたが、その都度第2新卒が話題に
のぼります。
企業にとっては、組織の活性化を図るためにも若返りが必要であり、若い年代の力が必要なんですね。

このような流れを受けて「Re就活のイベント」と名付けた合同就職説明会が開催されるとのこと。
詳しくはFujiSankei Business i で紹介されています。


今後もこのようなイベントは行われるのではないでしょうか
第2新卒にとって、今の状況は転職の最大のチャンス。
就職したいと願っているフリーターにとっても、このイベントはメリットがあるのではないでしょうか。

大学卒業の時は、十分に会社のことを研究しないまま、就職を決めてしまった若者も多いはずです。
自分の人生はこれから。
今の会社に疑問を感じながら仕事を続けるよりは、自分と相性の良い、あるいは、自分の実力を
発揮できる会社に勤める方が、はるかに良い結果をもたらすことも考えられます。

ただし、気をつけたいのがリスクの問題。
必ず現在よりも満足度の高い企業に再就職できるとは限りません。
場合によっては、より満足度が下がる場合もあり、再度転職を余儀なくされるケースもあると思います。
あくまで、自己責任で、慎重に行動することが重要ですね。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

プロフィール

就職や転職、人生の大きな節目ですね。
自分の思い通りの就職ができ、日々充実した生活を送ることができれば良いのですが、思うように就職活動が進まない、今勤めている会社を1日でも早く辞めたいなど、日々悶々としている人もいると思います。
就職活動が少しでもうまくいけば良い、転職活動に成功したいと考えている方に少しでも参考になるような記事が書ければと思っています。
私も転職を何度も経験しました。また、人事採用に20年以上も携わった経験もあります。
その中で気づいてこと、現状で思っていることを書いていきたいと思います。