eye.jpg

医師や看護士の転職支援、人手不足の医療現場を救えるか?

最近の医療現場での医師や看護師の人手不足は予想以上に深刻なようです。
産婦人科で、たらい回しにされたあげく妊婦が死亡した記事を思い出しますが、連日報道された内容は人手不足による産婦人科医の長時間労働の問題でした。
産婦人科に限らず、小児科でも同じような問題が起こっています。

このような現状を受けて、システム運営会社のアイ・メディアエージェント(京都市)は、医師、看護師ら医療・福祉従事者に特化した求人求職インターネットサイトを立ち上げました。
特色は、求人、求職側とも無料で登録できるということ。
求人にはサイトにしても紙媒体にしても、多額の費用がかかるのが常でした。
求人広告費をあまりかけることができない病院にとっては、無料で求人情報を掲載できるメリットは非常に大きいのではないでしょうか。


求職者が無料で登録できるのはどの転職サイトも同じですが、医師、看護師ら医療・福祉従事者に特化した求人求職インターネットサイトですから、登録数が順調に伸びれば、医療・福祉分野での仕事を探している人にとってはメリットが大きくなります。

ただし、心配されるのが運営面。
広告費用でサイトの運営をまかなっていくとのことですが、求人側が無料で登録できる場合、安易な求人や内容と実情がかけ離れた求人が多くなりはしないかとの心配があります。
このあたりをサイト運営者がきっちりとチェックできる体制にあれば問題ないですが、広告収入だけでそこまで手間ひまかけてチェックできるかどうか、今後の動きで真価が問われます。

おそらく、専門職に特化した転職支援サイトは今後も増えていくと思いますが、うまく活用すれば、希望の転職先を見つけるチャンスは広がると思います。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

プロフィール

就職や転職、人生の大きな節目ですね。
自分の思い通りの就職ができ、日々充実した生活を送ることができれば良いのですが、思うように就職活動が進まない、今勤めている会社を1日でも早く辞めたいなど、日々悶々としている人もいると思います。
就職活動が少しでもうまくいけば良い、転職活動に成功したいと考えている方に少しでも参考になるような記事が書ければと思っています。
私も転職を何度も経験しました。また、人事採用に20年以上も携わった経験もあります。
その中で気づいてこと、現状で思っていることを書いていきたいと思います。