eye.jpg

SEの転職、エンジニアの転職状況

毎日コミュニケーションズは、『SE・エンジニアの本当にあった怖い転職話』(きたみりゅうじ 著/B6判 208ページ/定価 1,470円/)を販売しましたが、その内容については「なるほど!」と思ってしまいます。というのは、現状の自分の立場にオーバーラップされる部分が多いからです。

この本は、マイナビ転職で2005年から連載されていたきたみ氏の「きたみりゅうじのエンジニア転職百景」を書籍化したものです。
読者から寄せられた転職体験が掲載されていますので、けっこう生々しいものがあります。ITに携わったことがない人でも、転職を考えている場合、一度は目を通してみると参考になる部分が多いと思います。

この『SE・エンジニアの本当にあった怖い転職話』では、四コママンガと川柳で、「転職を志すきっかけ」「転職活動や転職後の結果」をユーモラスに綴っていますので、楽しんで読めます。SEの転職、エンジニアの転職事情がよくわかりますから、今からIT業界の転職を考えている場合は、少し転職に慎重になるかもしれないですね。

退職や転職時にはトラブルがつきものですが、医師や社労士などの専門家によるアドバイスが載っていますので、これから転職を考えようという人にとっては役立つ一冊になっています。

IT業界、とりわけ中小企業に勤めるエンジニアたちは過度の仕事量によるうつ病に悩む人が増加しており、社会問題にもなっています。現在IT業界に身を置いている人にとっては、本書の内容に共感できる部分が多いのではないでしょうか。


私は現在デジタルコンテンツの開発にも携わっており、日々スケジュールとの戦いが続いています。
少しでも体調を崩すと、仕事が消化できなくなってしまう、そんな不安がつきまといます。
転職してこの仕事をするようになったわけですが、それまでは自分で時間をコントロールできていました。ところが、こういったコンテンツの開発はチームで取り組みますから、なかなか思うようにいかない部分が発生するわけです。

転職前とのギャップに戸惑い、転職を後悔したこともあります。もちろん希望もありますけどね。厳しい面だけを見ると、それこそ、本当にあるSE・エンジニア転職の怖い話しですね。
IT業界は絶えず人材不足が続いており、好条件の求人情報もたくさんあります。しかし、その好条件はある意味、仕事の厳しさに裏付けられたものであるわけです。
ここを認識して転職しないと、後悔の方が大きくなってしまいます。

「マイナビ転職」では現在もきたみ氏の同連載が続いていますので、一度見てみるのもいいですね。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

プロフィール

就職や転職、人生の大きな節目ですね。
自分の思い通りの就職ができ、日々充実した生活を送ることができれば良いのですが、思うように就職活動が進まない、今勤めている会社を1日でも早く辞めたいなど、日々悶々としている人もいると思います。
就職活動が少しでもうまくいけば良い、転職活動に成功したいと考えている方に少しでも参考になるような記事が書ければと思っています。
私も転職を何度も経験しました。また、人事採用に20年以上も携わった経験もあります。
その中で気づいてこと、現状で思っていることを書いていきたいと思います。