eye.jpg

転職に重要な志望動機と転職理由

日経HRのアンケート調査結果で興味深いものがありました。
転職経験のある26~29歳が転職活動中に困難と感じた事の第1位が
「志望動機をまとめること」で33.5%、次が「転職理由をまとめること」で
32.0%という結果です。
「職務経歴書の作成が困難」とした人も27.5%ということですから、けっこう
苦労している人が多いんですね。

この数値をどのように感じるかは、それぞれの見方によって異なりますが、
転職の本音と履歴書や職務経歴書に書く内容のギャップがありすぎて
表現の仕方に苦慮しているのではないかと感じました。

実際、前向きなプラスのエネルギーを感じさせる文面でないと、採用担当者
の気持を惹きつけることはできません。
ところが、給与や人間関係、仕事のやりがいなど、現在の会社に何らかの
不満を抱いて、それが転職の動機になっている場合が少なくないと思います。

こんな場合は、なぜ転職する必要があるのか、もう一度自分自身を見つめ
直して、すべて転職動機を書きだしてみるといいでしょう。
その中に前向きな動機が一つもないなら、その転職は見送った方がいいかも
しれません。


不平、不満だけの動機で転職すると失敗するケースが非常に多いと思います。
現に私の周りでも何人もそういったケースを見てきていますから。

書きだした転職理由や志望動機の中からプラス表現しやすいものを選ぶだけで
いいので、履歴書や職務経歴書の作成で悩むことは少なくなると思います。
無理に理由をこじつけないことが大事ですね。
そんな無理した理由なんて、面接ですぐに化けの皮が剥がれてしまいますから。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

プロフィール

就職や転職、人生の大きな節目ですね。
自分の思い通りの就職ができ、日々充実した生活を送ることができれば良いのですが、思うように就職活動が進まない、今勤めている会社を1日でも早く辞めたいなど、日々悶々としている人もいると思います。
就職活動が少しでもうまくいけば良い、転職活動に成功したいと考えている方に少しでも参考になるような記事が書ければと思っています。
私も転職を何度も経験しました。また、人事採用に20年以上も携わった経験もあります。
その中で気づいてこと、現状で思っていることを書いていきたいと思います。