就職活動をしていて嬉しいのが内定の通知ですね。
これで採用されるとひと安心して、今後の仕事に対する夢と希望がわいてくるのですが、
最近は内定通知をもらっても、素直に安心できない、一抹の不安を抱いている人も少なく
ないようです。

今回の地震に関連して、会社自体がなくなってしまった場合、これはやむを得ない事情で
あると納得できるかもしれませんが、単に地震の影響で採用方針を変更せざるを得ないなど
抽象的な説明に終始するような内定取り消しは、安易に許されるべきではありません。

よく内定取り消しになった人数が発表されていますが、この人数はあくまで氷山の一角。
実際には内定取り消しに至らないまでも、最初の雇用条件を変更されたり、採用時期を
延期され、その待機期間の給与保証があいまいであったりなど、会社の誠意のない対応
に戸惑い、怒りすら感じている人もいると思います。

あまりにも対応がひどい場合には泣き寝入りせずに、自分なりの知識を得て、相談できる
人がいれば相談して、内定をもらった会社と話をしていった方がいいでしょう。
内定取り消しはあくまで労働契約上の解雇にあたるわけで、「客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められる場合」以外は安易な取り消しは認められません。

こちらの方にいろいろ情報がありますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。


新卒であれ、中途採用であれ、やりがいのある仕事を見つけるのは大変です。
大変な努力をして手に入れた内定通知。
その内定通知に問題が発生すれば、まずはその解決から始め、自分自身が納得してから
次のスタートをきることが望ましいと思いますね。