学校を卒業するまでは、こんな仕事がしたい、自分の専攻を活かせる仕事がしたいなど、夢が大きく膨らんでいると思いますが、いざ就職活動が始まると、だんだん夢と現実の乖離の大きさを感じてしまう。
こんな経験をしている人が非常に多いと思います。

高校や大学に限らず、専門学校で学んでいる生徒もそうですね。
専門学校での本来の目的は実践的な技術や知識の習得だと思うのですが、実際のところ習った技術や知識を活かすことのできない、まったく異なった仕事内容のところに就職する生徒が少なくないと聞いています。

就職した会社での仕事内容が、本来自分の希望していた仕事と一致していれば、これほど幸せなことはないと思うのですが、この一致している幸せな結果を得ることができている人はどれほどいるでしょうか。

就職氷河期、就職難という言葉が使われて、もうずいぶん経ちますが、就職にはこの時代に合った活動や考え方が必要になるのではないでしょうか。
昔、超売り手市場で、企業が人材を確保するのが難しい時代がありました。
そのような時代が今後再来するかどうかはわかりませんが、就職して地道に実力を高めていけば、将来希望の仕事ができる可能性は高まります。

いつまでもやりたい仕事にこだわり続けて、就職先が決まらない。
こんな状態を長く続けるよりも、少し見方を広げ、やりたい仕事ではない業種、職種も検討してみてはいかがでしょうか。
働き始めれば、キャリアアップする時間もチャンスもいくらでもあります。


焦りからは何も生まれません。
終身雇用が期待できない現状で、早期転職を決める人が年々増えています。
転職することを勧めているわけではありませんが、そのような時代だからこそ、自分をどんどんスキルアップさせてより良い仕事に就くチャンスも増えるわけです。
今だけを見ず、もっと先を考えて就職活動をすると、気持ちも楽になると思いますよ。