転職したいと思っている時には、転職に成功することばかりが頭を占めがちです。
転職したからといって、必ずしも思っていた通りの仕事環境になるとは限りません。
人間関係にしろ、給与面にしろ。
ひょっとすると、転職前よりもひどい状況になるケースもあるわけです。

転職成功本や転職成功事例に目を通す人は多いですね。
自分もこのようにすれば成功する。
成功すること間違いないと思いこんでしまうわけです。

しかし、実際に転職してみて思い通りではなく、さらに転職を繰り返すという人が
多いことから見ても、実際には転職に失敗しているケースが多々あるわけです。

仕事を辞めてから、再就職できないことだけが転職失敗ではなく、転職できても
希望から大きくずれているようでは転職失敗と言わざるを得ませんね。

そこで、失敗する場合に多いケースですが、転職に関する読みの甘さがあるのでは
ないでしょうか。
給与が今よりアップする、こんな淡い期待を抱いて転職しても、実際には違った
という声をよく聞きます。
仕事の環境もそうですね。

人間関係の問題が必ずしも転職先でなくなるとは言い切れませんし、労働環境が
改善される保証もありません。

転職後の最悪の事態も想定する。
これが大事である気がします。


転職失敗の事例はネットでも検索できますから、一度見てみると良いですね。
私もかつて雇われ社長ということで転職したことがありますが、報酬と社長という
名前にばかり意識が行き、業績に対する責任に目をつむっていました。
当然考え方が甘く、長続きはせずに更に転職。
こんな経験をせずにすむよう、転職失敗の事例にもしっかりと目を通すと良いでしょう。