初めての就職や転職に関わらず、求人情報を集める事は、スムーズに就職活動を
進めるための基本となります。
自分の就職希望を整理して、その希望を満たすことのできる求人情報を集める事は
就職のミスマッチを防ぐためにも重要なことですね。

時期によって、就職情報が偏ることがあります。
この時期、新聞などの求人情報を見ると気がつくと思うのですが、教育業界への
求人情報が非常に多くなります。

塾や予備校、あるいは私学にしても3月、4月からの開講で先生を確保することが
重要となりますが、時間割を満たす講師の確保に苦労する塾や予備校はたくさん
あります。
集中講座の期間前もそうですね。
授業が集中するこの期間の講師を確保出来ないと、生徒や保護者に満足度の
高い授業を提供できなくなります。

このことを理解していると、教育業界を希望している人にとって、今の時期が採用
される最適な時期であることが分かります。

自分には教える知識も能力もないと最初からあきらめる人がいますが、そんな
弱気では、他の業種でも採用されることは難しいでしょう。
文型の人でも理系の科目を教えていることが多い教育業界。
もちろん教職免許を必要としている私学などへの就職では、教えることができる
科目は限定されますが、塾や予備校はそれほど厳密ではありません。

経験不問で求人情報を出している塾・予備校も多いですね。
若ければベテランに育つ可能性が大いにあるので、経験を不問としているわけです。


塾や予備校なんて思う人がいるかもしれませんが、大手企業に何度も挑戦して
いつまでたっても内定を得ることができないなら、教育業界を選択するのもありかな
と思いますね。

給与面でも意外と水準が高いところが多いのが教育業界。
生徒の将来に影響を与えるやりがいのある仕事でもありますから、教育業界を
就職活動の選択肢の一つに入れるのも賢い判断ではないでしょうか。

自分の可能性をもっと信じた方が良いでしょう。
私は文系出身ですが、塾で数学を教えていたことがあります。
またWEB関係はまったく素人でしたが、興味を持って楽しくサイトを作るうちに
面白くなり、今では企業に対してネットやITのコンサルタントもしています。
簡単なプレゼン用に、こんなサイトをつくり、企業の担当者に説明しています。

ホームページ制作・WEBサイト作成はケーズ ホームページ プロジェクトへ

可能性は無限に広がりますから、あきらめず、就職活動を続けて下さいね。