早期希望退職と転職の厳しさ

  • 投稿日:
  • by

最近業績を回復している企業が増えているとのニュースをよく耳にします。
本当にそうなのか、私の周りではあまり実感できないのですが、皆さんはどうでしょうか。

円高に苦しんでいた企業は、最近の円安の動きで、業績が回復しているんだと思いますが、円の値動きに左右されているだけなので、まだまだ楽観できないというのが、本当のところではないでしょうか。

このようなニュースが流れる反面、業績を回復できずに早期希望退職を募集する企業がたくさんあります。
表立った早期希望退職の動きがなくても、企業内失業、目減りする給与など、生活の維持を脅かす出来事が人事ではなく自分の身の上に起こります。

いざとなれば転職すれば良いと安易に考えているなら、もう一度考え直したほうがいいですね。
転職に成功し、満足している人がどれほどいるのか、疑問を感じることも良くあります。

転職サイトでは転職成功者の話や転職成功の確立が高いことをうたっていますが、実際にはこういう転職支援サイトを利用していない人が圧倒的に多く、失敗している人のほうが多いのが実情だと思います。

それでも転職せざるを得ない場合はありますね。

転職失敗者は、転職した事を後悔することがありがちですが、いったん転職してしまったからには後戻りできません。転職しなかったことにしたいと、時間をまきもどす事は出来ないわけです。
あとは前向きに努力を続けざるを得ないですね。

まだ、転職していないならば、転職せざるを得ない事情と、転職後の上手くいかなかった時のことを比較検討して、慎重に行動する事が望ましいと思います。

コメントする