就職事情は売り手市場に変化?

最近の景気動向は就職活動にプラスに働いているようで、採用数を増やす企業が増えています。

昨年までは就職難という言葉が乱れ飛び、内定を得れないまま卒業する新卒もたくさんいましたが、今や企業を選ばなければ仕事に就ける時代。

しかし、ちょっと急激な変化のような気がしますね。
マスコミは少しオーバーに書きすぎる傾向がありますから、自分の身体で実際のところを感じ取ることが必要だと思います。

昔のことを少し思い出したんですが、超売り手市場で学生を確保することが難しく、あの手この手で学生の囲い込みに走った企業が多数ありました。

中には学生に媚びて、豪華な食事に招待したり、説明会に参加した学生に過度のお土産を渡したり、そんなことをする企業もありました。

しかし、そんなことに惑わされて入社した人たちの現状はどうなっているのでしょうか。
想像がつきそうな感じがします。

しっかり自分の頭で考え、夢と希望を抱いて入社する。
そのためにも企業研究を怠らず、納得した企業を受験する。

どのような時代になっても、この基本をしっかり守って就職した人たちが、後々の成功を収めている気がしますがいかがでしょうか。

コメントする