eye.jpg

就職面接で評価を下げないために

ブログの更新が少し途絶えていましたが、再開します。

最近見たニュースで「面接時のNG態度」というのがありました。
納得したポイント、気になる点をピックアップしてみました。

■到着・受付が早すぎる
これは私が実際採用側にいたときに経験しましたが、予定時間の30分以上前に来る人が時々いました。
30分ぐらいなら何とか対応できますが、それ以上早くとなると、面接会場のセッティングを行っている最中であったり、応募者の書類の最終チェックをしているなど、応対できないこともあります。
5分から10分前というのがやはり常識でしょうね。

■志望動機が「人の役に立つ仕事をしたい」
こんな答えだけで済ます人はまずいないと思うのですが、もしいてたら即アウトですね。
当然、こうは応えても、そこから具体的な内容に説明が進むはずです。
もし、ここで終わっているなんて思い当たることがあれば、おそらく、履歴書や職務経歴書の中味も抽象的な説明で終わってしまっているなんてことになっているのではないでしょうか。

■マニュアル通りに答える
これも良く言われていることですね。
マニュアルを参考にするのは良いことだと思いますが、あくまでその内容を自分自身で消化し、自分の考え、言葉に置きなおして説明する必要があります。
面接に限らず、履歴書等の書類もマニュアル通りになっていないでしょうか。
他者と差別化が図れないどころか、面接官は「あれ?どこかで読んだことがあるよ」と見抜いてしまいます


就職面接で評価を下げないために気を付けておきたいポイントですね。

他にも気を付けたいポイントがいくつかあります。
身だしなみや、話し方ですね。

就職面接では見た目の印象が合否を左右すると言われています。
話し方も印象に大きな影響を与えるんですね。
ぼそぼそとした話し方、小さな声などは暗い印象を与えがちで、企業で活躍する人物とは判断してもらえないわけですね。

就職面接で評価を下げないために、事前に自己チェックしてみてはいかがでしょうか。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

プロフィール

就職や転職、人生の大きな節目ですね。
自分の思い通りの就職ができ、日々充実した生活を送ることができれば良いのですが、思うように就職活動が進まない、今勤めている会社を1日でも早く辞めたいなど、日々悶々としている人もいると思います。
就職活動が少しでもうまくいけば良い、転職活動に成功したいと考えている方に少しでも参考になるような記事が書ければと思っています。
私も転職を何度も経験しました。また、人事採用に20年以上も携わった経験もあります。
その中で気づいてこと、現状で思っていることを書いていきたいと思います。