転職のしやすさや労働条件だけを優先して転職すると後悔することが多いと思います。
就職・転職は自分のライフスタイルや価値観に照らし合わせて慎重に行うことが望ましいでしょう。
長年続けてきたライフスタイルや生活の中で培ってきた価値観に合わない就職・転職は不幸の始まりです。

例えば、今まで家族との触れ合いを大切にしてきた人が、転職することによりこの大事な時間を失うことになれば、どのような精神状態になるか容易に想像できますね。
おそらく仕事が苦痛になってしまう可能性が高いでしょう。

自分は金持ちになりたいのか、普通の生活で良いのか、公私関係なく仕事に没頭したいのか、あるいは趣味や家族との時間を大切にしたいのか、スローライフに憧れているのか、将来は独立したいのか、社会貢献がしたいのか、など。
自分の幸せを実現するための将来のビジョン、夢を書き出してみてみることが大事です。

就職や、転職が頭をよぎったときは、まず自分の職業観や人生観を振り返る。
まだ明確になっていない場合は、明確にする。
目先の就職先や転職先を決めることばかりに気をとられてついつい忘れがちですが、後悔しないためには大事なステップです。

振り返る方法にこだわる必要はありませんが、自分自身でも気づいていないことまでクローズアップさせるためには、紙に具体的に書き出すことをお勧めします。



どんなときに幸せを感じるのか。
箇条書きでかまわないですから一気に思いつくまま30~50個ほど書き出してみてください。
50個も書き出してみると似通ったものがいくつも出てきます。
それを大まかに分類していくと自分のホンネがしっかりと見えてきます。

その望みを実現できる会社を探す。
その会社が見つかればそれに向かって全力でアタックする。
そうすることが、真の意味での就職・転職の成功につながるのではないでしょうか。