eye.jpg

就職・転職情報の集め方 一覧

初めての就職や転職に関わらず、求人情報を集める事は、スムーズに就職活動を
進めるための基本となります。
自分の就職希望を整理して、その希望を満たすことのできる求人情報を集める事は
就職のミスマッチを防ぐためにも重要なことですね。

時期によって、就職情報が偏ることがあります。
この時期、新聞などの求人情報を見ると気がつくと思うのですが、教育業界への
求人情報が非常に多くなります。

塾や予備校、あるいは私学にしても3月、4月からの開講で先生を確保することが
重要となりますが、時間割を満たす講師の確保に苦労する塾や予備校はたくさん
あります。
集中講座の期間前もそうですね。
授業が集中するこの期間の講師を確保出来ないと、生徒や保護者に満足度の
高い授業を提供できなくなります。

このことを理解していると、教育業界を希望している人にとって、今の時期が採用
される最適な時期であることが分かります。

自分には教える知識も能力もないと最初からあきらめる人がいますが、そんな
弱気では、他の業種でも採用されることは難しいでしょう。
文型の人でも理系の科目を教えていることが多い教育業界。
もちろん教職免許を必要としている私学などへの就職では、教えることができる
科目は限定されますが、塾や予備校はそれほど厳密ではありません。

経験不問で求人情報を出している塾・予備校も多いですね。
若ければベテランに育つ可能性が大いにあるので、経験を不問としているわけです。

続きを読む

求人情報は以前と比べて少なくなっている気がします。
業種によっては、以前と変わらないぐらい求人情報を見かけますが、全体的
には少ないと言えるのではないでしょうか。

新聞の求人欄が一番良く分かりますね。
もちろんネットを利用した求人にシフトしている企業が増えていることも一因で
あると思いますが、新聞の求人情報数は以前ほどではないようです。

このため、転職しようと考えていても、魅力を感じる求人情報があまりない、
こんな風に思ってしまって、転職の決断がなかなかできないという人がいる
かもしれません。
しかし、少ないなりに、自分の希望する求人情報は探せるはずです。

新聞の場合、各紙によって求人情報の色合いが異なってきますので、
どんな職種に転職を希望しているのかによって、見る新聞が異なってくる
わけです。
例えば、朝日新聞は教育関係の求人が多いので、この方面に転職を希望
しているのであれば、朝日新聞の求人欄には目を通した方がいいなどです。

一つの新聞を見て、自分に合った求人がないと嘆く前に、すべての新聞に
目を通して、それでもなければ、別の求人情報収集の手段を検討してみれば
良いでしょう。
図書館に行けば、すべての新聞に目を通すことができますので、近くに図書館
がある場合は利用するといいですね。

求人情報探しでもうひとつ重要なことがあります。
中高年の場合、年齢で最初からダメだとあきらめてしまって、チャンスを逃して
しまっている人がいますが、自分のキャリアに自信を持つことも大事ですね。
ここなら働きがいを持って続けることができると思う求人情報があれば、年齢の
ことはさておいて、まずはアタックしてみることですね。
中には年齢よりもキャリアを重視してくれる企業もあるからです。

続きを読む

転職にしても初めての就職にしても、情報集めが大切であるのは言うまでもないことだと
思います。
昔は足で集めた情報も多かったと思いますが、最近はインターネットの利用が主になり、
ほとんど必要な情報はWEBサイトから集めることが可能です。
この流れを受けて、やはりというか、インターネットカフェを利用した就職支援ビジネスが
広まっているそうです。

現在会社に勤めていて転職を検討している場合、勤務時間中はなかなか情報を集める
ことは難しいですね。(こっそりと転職情報を集めている人もいるかもしれませんが、
くれぐれも上司に見つからないよう気をつけてくださいね)
インターネットカフェでは、お昼の休憩時間や営業活動中の空き時間にちょっと寄って
転職情報を集めることができるわけですから、利用ニーズはこれからも高まる予感が
あります。

もちろん、転職に限らず、初めての就職活動の人にとっても、利用価値は高くなるのでは
ないでしょうか。
というのも、就職に役立つ講座や就職相談を受けられるなど、カフェ独自のコンテンツ増えて
きているそうなので、喫茶店の替わりに利用して、しかも就職に役立てようと考える人が
多くなってきているのはうなずけます。

続きを読む

一昔前までは、就職情報といえば、新聞や有料の就職情報誌が主流でしたが、最近では
インターネットで情報を集めることが一般的になっているようです。

就職や転職のキーワードで検索すると就職・転職支援サイトがズラリと並びますね。
情報を集めやすい反面、下手をすると情報に振り回され、いつまでたっても情報とにらめっこが
続くなんてこともあります。

続きを読む

生活を維持していくために、どこでもいいから就職口を見つけないといけないという切羽
詰った事情がある場合を除いて、たいていの場合、転職を考えるときは、転職しようと
する業界や職種をまず考えると思います。

続きを読む

「人材銀行」って知っていますか。おそらく転職を考えない限り、普段あまり耳にすることは
ないと思います。
人材銀行はハローワークの管轄下にあり、全国の主要都市12ヶ所に設置されています。

続きを読む

ハローワークを知らない人はまずいないでしょう。
就職・転職活動を開始している人はもちろんのこと、漠然と転職を考えている人に
とっても、ハローワークを利用するメリットは大きいと思います。

続きを読む

このページの上部へ

プロフィール

就職や転職、人生の大きな節目ですね。
自分の思い通りの就職ができ、日々充実した生活を送ることができれば良いのですが、思うように就職活動が進まない、今勤めている会社を1日でも早く辞めたいなど、日々悶々としている人もいると思います。
就職活動が少しでもうまくいけば良い、転職活動に成功したいと考えている方に少しでも参考になるような記事が書ければと思っています。
私も転職を何度も経験しました。また、人事採用に20年以上も携わった経験もあります。
その中で気づいてこと、現状で思っていることを書いていきたいと思います。