eye.jpg

就職・転職の心構え 一覧

最近就職・転職が厳しくて、求人数名の枠に対して、100人も、200人も応募があり、
なかなか面接を突破できないという声をよく聞きます。
中には、数十社に履歴書を送付したが、書類選考ですべてボツになるなんて話も
頻繁に耳にするようになりました。

景気は少しは上向いていて、景気回復を実感している企業が増えているそうですが、
雇用に関しては、まだまだ慎重な企業が多くて、採用が上向くまでもう少し時間が
かかりそうな気配もあります。
実際、新聞の求人情報欄の掲載数が激減しているのにはびっくりさせられますね。

このような雇用環境の厳しさはあるのですが、その中でも採用されている人もいる
わけです。
就職・転職出来ない理由は自分自身の中にあるのかもしれません。
就職環境の厳しさばかりに、採用されない理由を求め、自分自身の努力不足、
能力不足に目がいかなければ、いつまでたっても採用には至らないでしょう。

最近ワールドカップのニュースで連日にぎわっていますが、始まるまでは日本代表
は酷評されていましたね。
ところが初戦で勝ってからは、評価ががらっと変わりました。
その陰には、酷評されてもへこたれず、努力を惜しまなかった日本代表の選手たちの
姿があったとおもいます。
やればできるんですね。

続きを読む

新卒の就職活動が続いていますが、もう内定を得たという声も聞こえてきますね。
この時期で内定を得た人はそれなりの準備を整えて就職活動を行ってきたと
思いますので、当然の結果だと言えるのかもしれません。
しかし、大半の人はまだ内定を得る事ができず、夏ごろまで精力的に就職活動を
継続していくと思います。

梅雨の雨がしとしと降る中や、暑い日差しをものともせず、企業訪問や面接へと
コマを進めて行くわけですが、昨年の例を見ても夏ごろまでに決まればいいほうで、
へたをすると秋口から冬を迎えるころになっても内定の出口が見えてこないという
ことにもなりかねません。
昨年同様、今年も見通しは甘くないということです。

ここで注意しなくてはいけないのが、周囲の情報に振り回されないということ。
友人同士で就職活動の情報交換をし、内定の情報が飛び交う事がよくあります。
自分だけが内定を得る事ができていないと思いこんで、焦ってしまう人がいるん
ですね。
焦りは禁物です。

大学のキャリアセンターの情報に惑わされる場合もあります。
年間の内定カレンダーなんてものを出しているキャリアセンターは多いようです。
例えば内定の第1ピークは4月、第2ピークは7月なんて具合ですね。
しかし、このピークのあとでも、納得いく企業に内定を得た人はいます。
これらの内定情報はあくまで目安で、自分自身に自信を持って就職活動を
行う事が重要なわけです。

続きを読む

新卒の就職が益々厳しさを増し、2人に1人が内定を得ることができないまま卒業。
ここまで厳しくなるとは。
本当に予想以上の厳しさですね。
新卒に限らず、20代、30代で正社員に就くことができない若者が増えているそうです。
中高年に至っては悲惨な状態ですね。
職種を選らばすに就職するのであれば、どこかには落ち着けると思うのですが、
そのような妥協をすると、すぐに転職なんてことにもなりかねません。

就職できない、内定をもらうことができない、この理由を不景気のせいにばかり
していると、なかなか出口が見えてこないと思います。
このような状況でも、希望の仕事に就く人もいるわけですし、早々と内定を
得ている学生もいるわけです。
どこがちがうのか、謙虚な気持ちで分析してみてはいかがでしょうか。

面接でだめだったのか、あるいは面接にすらたどり着くことができないのか。
もし、書類選考不合格を繰り返しているのならば、履歴書、職務経歴書の
作成の仕方に問題があるのかもしれませんし、添え状の問題かもしれません。
あるいは、気がつきにくいポイントですが、書類の送付の仕方に問題がある
のかもしれないですね。

面接で不合格を繰り返しているのであれば、質問に対する答え方が的を
得ていないのかもしれませんし、説明がダラダラしていて、印象が悪いのかも
しれません。

色々分析していけば、改善点が見えてくるはずです。

続きを読む

新卒の就職が益々厳しさを増し、2人に1人が内定を得ることができないまま卒業。
ここまで厳しくなるとは。
本当に予想以上の厳しさですね。
新卒に限らず、20代、30代で正社員に就くことができない若者が増えているそうです。
中高年に至っては悲惨な状態ですね。
職種を選らばすに就職するのであれば、どこかには落ち着けると思うのですが、
そのような妥協をすると、すぐに転職なんてことにもなりかねません。

就職できない、内定をもらうことができない、この理由を不景気のせいにばかり
していると、なかなか出口が見えてこないと思います。
このような状況でも、希望の仕事に就く人もいるわけですし、早々と内定を
得ている学生もいるわけです。
どこがちがうのか、謙虚な気持ちで分析してみてはいかがでしょうか。

面接でだめだったのか、あるいは面接にすらたどり着くことができないのか。
もし、書類選考不合格を繰り返しているのならば、履歴書、職務経歴書の
作成の仕方に問題があるのかもしれませんし、添え状の問題かもしれません。
あるいは、気がつきにくいポイントですが、書類の送付の仕方に問題がある
のかもしれないですね。

面接で不合格を繰り返しているのであれば、質問に対する答え方が的を
得ていないのかもしれませんし、説明がダラダラしていて、印象が悪いのかも
しれません。

色々分析していけば、改善点が見えてくるはずです。

続きを読む

新卒の就職が益々厳しさを増し、2人に1人が内定を得ることができないまま卒業。
ここまで厳しくなるとは。
本当に予想以上の厳しさですね。
新卒に限らず、20代、30代で正社員に就くことができない若者が増えているそうです。
中高年に至っては悲惨な状態ですね。
職種を選らばすに就職するのであれば、どこかには落ち着けると思うのですが、
そのような妥協をすると、すぐに転職なんてことにもなりかねません。

就職できない、内定をもらうことができない、この理由を不景気のせいにばかり
していると、なかなか出口が見えてこないと思います。
このような状況でも、希望の仕事に就く人もいるわけですし、早々と内定を
得ている学生もいるわけです。
どこがちがうのか、謙虚な気持ちで分析してみてはいかがでしょうか。

面接でだめだったのか、あるいは面接にすらたどり着くことができないのか。
もし、書類選考不合格を繰り返しているのならば、履歴書、職務経歴書の
作成の仕方に問題があるのかもしれませんし、添え状の問題かもしれません。
あるいは、気がつきにくいポイントですが、書類の送付の仕方に問題がある
のかもしれないですね。

面接で不合格を繰り返しているのであれば、質問に対する答え方が的を
得ていないのかもしれませんし、説明がダラダラしていて、印象が悪いのかも
しれません。

色々分析していけば、改善点が見えてくるはずです。

続きを読む

いよいよ今年もあとわずか。
各企業は年末の挨拶回りや、仕事納めの後片付けなどで採用活動の方は
一段落というところが多いのではないでしょうか。
もちろん年末年始にかけて優秀な人材を獲得しようと、積極的に採用活動を
行っている企業もありますが、どちらかというと少数派ですね。

今までの就職活動で結果を出せなかった人も多いと思います。
これだけ経済が冷え切り、購買意欲も減退した中にあっては、企業は今までにも
増して即戦力、能力と実行力を伴った人材を採ろうとしますから、生半可な気持ち
あるいは中途半端な能力・実力では採用されない事も覚悟しておかなければ
ならないでしょう。

しかし、悲観的に考えてばかりでは前に進む事が出来ませんから、厳しい時代
においても立ち向かうことのできる実力をつける事を考えてみてはどうでしょうか。
これだけは他の人に負けない、そんなアピールポイントを持っていれば、履歴書や
職務経歴書作成時に非常にプラスになります。

じっくり考えると自分では平凡な事と思っていた事が、他人からするとすごい事だ
という自慢ポイントが見つかるかもしれません。
どうしても見つからなければ、自分で能力を磨いて作り出すしかないですね。

年末年始は就職・転職活動の一休みの時期であると勘違いしていると、新年度を
良い年にすることは叶わないと思っておいた方がいいでしょう。

続きを読む

シルバーウイークも残すところあとわずか。
行楽日和に恵まれ、秋の清々しい空気を行楽地で楽しんでいる人も多い
のではないかと思います。
しかし、就職を考えている人、転職活動中の人にとって、この休日も違った
意味を持ってきますね。

ほとんどの企業がこのシルバーウィーク中は休みに入っているので、直接の
就職活動はできないかもしれませんが、10月からの就職活動を練り直す意味
でも、この期間を有効に使いたいものです。
他人が気持ちよく遊んでいると、ついついつられて自分も、ということになりがち
ですが、そこはぐっと我慢して、就職・転職活動の準備をしておくと、あとあと
非常に楽になります。

やることはいっぱいありますね。
履歴書や職務経歴書の見直しは当然のことですが、その他の添付書類が
あれば、その見直し、添え状も見直しの対象になります。
今までの就職活動の反省をこの時期に行うのも大事ですね。
どうしても。就職活動の最中は心身ともに疲れてしまい、なかなか自分の
就職活動を振り返る余裕がないものです。
じっくり腰を据えて、今までの活動を振り返り、今後の活動の戦略を練ること
が大事です。

もうすでに行っている人が多いかもしれませんが、自分の就職活動、転職
活動の日記をつけてみてはいかがでしょうか。
面倒くさい、そういった考えがすぐに頭をよぎりますが、あとあと結構役に立つ
ものですね。
将来の成功の為には必要なことかもしれません。

続きを読む

転職したいという希望は、潜在的なものまで含めると、圧倒的な数になると思います。
しかし、現実には、転職したいと思っていても、いつまでも転職に踏み切れない、あるいは
転職ということ自体漠然としかイメージしていない、そういう数が多いのではないでしょうか。
転職に成功するには、あいまいな気持ちではまず不可能です。
しっかりとした目標を持ち、転職までの緻密なスケジュールを作り、それに沿って行動する
必要があるわけですね。

転職希望者に多い悩みのひとつがいつ転職するかという、時期の判断ではないでしょうか。
巷では衆議院の解散と総選挙の話題でもちきりになっています。
政局の動き次第では、企業の採用動向に影響を与えることもあり得るわけですから、今から
転職を考えようとしている人にとっては、どのタイミングで求人情報を集め、履歴書や職務
経歴書を送るか、その判断に迷いが生じてもおかしくない時期です。
急ぎの転職でないなら、もう少し様子を見て判断するのが得策かもしれないですね。

実際に転職活動をしなくても、将来的に転職を考えているならば、履歴書や職務経歴書、
あるいは応募の時に必要となる添え状や、自己アピール文などを事前に作成する期間と
して、今を活用するのがいいのではないでしょうか。

続きを読む

毎年繰り返し行われる就職・転職人気企業ランキング。
今年も「転職人気企業ランキング」2009年版が転職サービスDODA」から発表されました。
これは25歳~34歳の会社員5000人を対象に調査したものですが、調査対象が若い年代
ということもあり、新卒の就職人気企業ランキングとほぼ似た感じになるのではないかと
思っていたんですが、少々意外な結果でした。

景気の悪化のあおりを受けて、新卒の就職人気企業ランキングでは従来の大手メーカーが
軒並みその順位を落とした結果となりましたが、今回の調査結果では、トヨタ自動車が2年
連続1位に輝き、以下2位がソニー、3位がグーグルという結果でした。
転職組の人気は依然として大手メーカーに集まっているようですね。

入社したい会社を選ぶ基準がこのランキングから見えてくる気がしますが、希望者がすべて
これらの企業に入社できるわけではありません。
夢は夢として持ちつつ、現実的な視点も持つ必要があると思いますね。
単に経営の安定性だけで選んで、仮に入社できたとしても、それで満足感が得られるかと
いうと、そうではない気がします。
やはり、自分のやりがいを何に求めるのか、じっくり考える必要があり、それを満たしてくれる
企業であって初めて転職後の満足感が得られると思います。

新卒の場合もそうですね。

続きを読む

今年の新卒は就職活動に苦戦しているという話をよく耳にします。
昨年と比較して、早期に内定を得ている人は激減しているようですね。
でも、こんなときほど自分を信じて就職活動を続ける必要があります。
意気消沈したままでは、自分の持っている実力を十分に発揮できないですし、採用担当者は
そのような心の状態をするどく見抜きますからね。
自信をもって、胸を張って就職活動し、面接に臨む必要があります。

この厳しい環境は新卒に限ったことではありません。
第2新卒や、転職を考えている人たちにとっても、希望の仕事に就くことが難しくなっています。
特に中高年の転職は最悪の状態ですね。
業界によっては、元気な企業もあるのですが、全体的にはやはり求人を絞り込んでいる企業が
圧倒的に多く、この難関を突破するには今まで以上に気持を引き締めて臨む必要があります。

しかし、このような状況下でも、いくつも内定をとったり、すんなり転職を決める人もいるわけです。
就職・転職がうまくいかない人には、それなりの理由があるのかもしれません。
例えば、今年の厳しい状況だけを就職活動がうまくいかない理由にしているのではないでしょうか。
本当にそうなのか、このあたりをじっくり検討してみることも大事ですね。
自分の就職活動に問題があるのではないか、能力面で不足しているところがあるのではないか、
あるいは、提出書類やエントリーシートで評価を落としているのではないかなど、原因を自分に
求めて、謙虚に反省することも大事だと思います。

志望動機の表現がうまくないのかもしれませんね。
自己PRも十分には伝わっていないのではないでしょうか。
そのあたりの分析ができれば、改善点が見えてきて、次の行動に備えることができます。
それが成功への第一歩になるわけですね。

続きを読む

このページの上部へ

プロフィール

就職や転職、人生の大きな節目ですね。
自分の思い通りの就職ができ、日々充実した生活を送ることができれば良いのですが、思うように就職活動が進まない、今勤めている会社を1日でも早く辞めたいなど、日々悶々としている人もいると思います。
就職活動が少しでもうまくいけば良い、転職活動に成功したいと考えている方に少しでも参考になるような記事が書ければと思っています。
私も転職を何度も経験しました。また、人事採用に20年以上も携わった経験もあります。
その中で気づいてこと、現状で思っていることを書いていきたいと思います。