eye.jpg

就職・転職関連ニュース 一覧

ブログの更新が少し途絶えていましたが、再開します。

最近見たニュースで「面接時のNG態度」というのがありました。
納得したポイント、気になる点をピックアップしてみました。

■到着・受付が早すぎる
これは私が実際採用側にいたときに経験しましたが、予定時間の30分以上前に来る人が時々いました。
30分ぐらいなら何とか対応できますが、それ以上早くとなると、面接会場のセッティングを行っている最中であったり、応募者の書類の最終チェックをしているなど、応対できないこともあります。
5分から10分前というのがやはり常識でしょうね。

■志望動機が「人の役に立つ仕事をしたい」
こんな答えだけで済ます人はまずいないと思うのですが、もしいてたら即アウトですね。
当然、こうは応えても、そこから具体的な内容に説明が進むはずです。
もし、ここで終わっているなんて思い当たることがあれば、おそらく、履歴書や職務経歴書の中味も抽象的な説明で終わってしまっているなんてことになっているのではないでしょうか。

■マニュアル通りに答える
これも良く言われていることですね。
マニュアルを参考にするのは良いことだと思いますが、あくまでその内容を自分自身で消化し、自分の考え、言葉に置きなおして説明する必要があります。
面接に限らず、履歴書等の書類もマニュアル通りになっていないでしょうか。
他者と差別化が図れないどころか、面接官は「あれ?どこかで読んだことがあるよ」と見抜いてしまいます

続きを読む

毎年、就職・転職に関連して、様々なアンケートが実施され、集計結果が公表されますが、退職理由のアンケート集計もその一つです。
集計結果を見て、自分の想像通りだと思うのか、あるいは意外だと思うのか、自分の置かれている環境によって捉え方が異なってくるような気がします。

就職・転職のための企業リサーチサイト「Vorkers」が投稿された4万370件の「社員による在籍企業評価レポート」の回答データを対象に、退職理由に関するフリーコメントを分析し、発表したところによると、1位が「キャリア」、2位が「待遇」、3位が「ワークライフバランス」であったそうです。

待遇面で現在問題を抱えている人は、「待遇」が1位でないことに疑問を感じているかもしれないですが、自分のキャリアを現在の職場で活かすことができていない、あるいは正当に評価されていないと感じている人が多いということでしょうか。

女性では「人間関係・社風」を理由とする退職の割合が大きいことが明らかになったとのこと。
これは何となくわかる気がします。
私の周囲でも人間関係に悩んでいる女性の方が結構多いので、全国的に見てもそうなんでしょうね。

世代別に退職理由の特徴をみると「ハードワーク」を理由とする退職は20代前半までに集中、「会社都合」の退職理由は40代から急増していることがわかったとのこと。
これも何となくわかる気がします。

このようなランキングを見ていると、同じような理由で転職した場合、また同じ理由で転職したくなるかもしれないという不安が頭をよぎります。

続きを読む

ブラック企業の8割以上が法令違反ってどう思いますか。
ブラック企業の話題は昨年から何度となく報道され、そのひどい労働環境がクローズアップされてきましたが、実際のところ、こんな風に数値で示されると、怒りを通り越して頭を傾げたくなります。

厚生労働省が昨年発表したデータによると、全国の5111事業所を対象に調査・監督を実施し、全体の82%にあたる4189ヶ所で法令違反が確認されたとのことです。

一番多いのが違法な時間外労働。
うちの会社もそうだ!なんて声が聞こえてきそうですが、本当に多いんですね。全体の43.8%にあたる2241ヶ所で発覚したとのことです。

若者を使い捨て人材としてしか考えていない企業をこのまま放置しておけないと国が動き出したわけですが、今回の調査の対象とならなかった企業でも潜在的に違法な時間外労働を労働者に強要しているところがあると思います。

一過的な是正取り組みに終わることなく、この際徹底的にブラック企業の問題に取り組んで欲しいですね。

続きを読む

新聞では就職・転職に関する記事や特集をよく見かけます。
また、新聞の読者からの投稿でも就職・転職に関してのものが多くなりました。
このような記事の中で、就職活動中の方の悲痛な思いを込めた記事を目にする
ことがありました。

何社受験しても一向に内定を得ることができない、
疲れきった身と心を奮い立たせて就職活動を続けていて、自殺したい気持ちになる、
このような内容でした。

同じような思いで就職活動を続けている若者がたくさんいます。
いっこうに良くならない就職環境。
内定を得ることができなければ、正社員になれる道が閉ざされてしまう。
今後フリーターとして働く以外に進む道はない。
こんな不安に打ちのめされながら、それでも就職活動を続けていく。
本当に大変だと思います。

就職支援という言葉が良く使われていますが、本当に困って前に進むことすら
できなくなってしまっている人に、どれだけ手をさしのばすことができているのか
疑問です。

続きを読む

地震や政治の混乱で、就職状況の厳しさに関するニュースが少なくなったような気がしますが、
実際には相変わらず厳しい状況が続いており、内定を得ることができずに焦る気持ちで活動を
続けている人も多いと思います。

努力するだけでは採用に至らないのが現在の就職・転職の状況。
でも、必ず光が見えてくると思うので、最後まであきらめずに、一歩一歩前に進んで欲しいと
思っています。

このような厳しい就職状況をう受けて、新たな就職支援サービスが登場しました。
「朝活」という名の就職支援サービスですが、早朝に行う就職支援の訓練なんですね。
早朝は就職活動に影響を与えることが少なく、参加した学生には好評らしいですが、
短時間で訓練を終えなくてはいけないので、集中力も必要とされ、実際に効果を期待
できるのかもしれないですね。
しかも、朝は頭の働きも良いらしいので、訓練の内容をきっちり頭の中にインプットする
という意味でも、良いのかもしれません。

このサービスは人材派遣のイマジンプラスが始めたものですが、イマジンプラスの「朝活」は
朝7時半集合。7月20日の第1回には、大学生23人が参加し、大手商社の内定を取った
4年生の体験談に耳を傾けたとのことです。
詳しくはIZAのニュースで

続きを読む

新聞に投稿される意見に思わずうなづくことが良くあります。
この前も新聞を読んでいてなるほどなって思ってしまいました。
就職活動を続けていると、郵便が待ち遠しいことが良くありますね。
採用通知が来るのか、あるいは不採用の通知が届くのか、期待と不安が入り混じったイライラする気持ちで通知を待ち望んでいる人も多いと思います。

新聞の投稿を見て、この通知の文面の問題に「なるほど」と思ってしまいました。
採用の場合は少々言葉足らずで書いてあってもさほど気になる事はないと思いますが、不採用の場合、型にはまった文面で、しかも最後には「○○様の今後のご活躍をお祈り申し上げます。」
心がこもっていないお祈りをされても、採用されなかった心の傷が癒えるはずもありません。

このような不採用通知さえ出さない企業もあります。
このようなケースではいつまでも期待を持ってしまい、就職活動にも影響を与えてしまいますから、一番始末が悪いケースですね。

企業には企業なりの言い分はありますが、もう少し心温かな対応ができないものかと思ってしまった次第です。

続きを読む

リクナビといえば、株式会社リクルートが提供する就職ポータルサイトであることは誰でも
知っていると思いますが、就職活動や転職活動を行っている人達が数多く登録している
ポータルサイトです。特に就活中の大学生の多くはこのサイトに登録しており、この学生
達に対するアンケート調査は興味がありますね。

このリクナビが登録会員の大学生・大学院生を対象に、就職活動の状況を取りまとめ、
報告していますので参考にしてみてはいかがでしょうか。
4月22日~5月3日の期間の就職活動を取りまとめたもので、まだ断定的なことは言えない
かもしれませんが、これからの就職活動の参考にはなるかと思います。

リクナビ会員の内定率(内々定率)調査資料はこちらで見るkとができます。

リクナビ会員の内定率(内々定率) 4月度

この他にも転職者の意識・動向調査など、参考になる資料が豊富です。
さすが、リクナビのサイトですね。
ちなみにリクナビ会員の内定率(内々定率)調査の主な数字はasahi.comの記事でわかり
やすくまとめられていますので、これも参考にしてみてはいかがでしょうか。
≪記事抜粋≫
調査時点でのリクナビ会員の大学生の内定率(内々定率)は、25.3%。また、就職活動終了率(*1)は、11.5%となった。
 文理別にみると、内定率(内々定率)は文系24.0%、理系28.0%。就職活動終了率は文系9.0%、理系16.9%。ただし、理系大学院生の内定率(内々定率)は41.7%と、大学生全体の25.3%より16.4ポイント高く、就職活動終了率も25.3%と高い。
 男女別では、内定率(内々定率)は男性25.4%、女性25.1%。就職活動終了率は男性12.9%、女性9.9%。
 エリア別では、内定率(内々定率)は関東30.5%、東海26.6%、関西24.5%、東名阪以外(*2)17.8%。
 就職活動終了率は関東12.8%、東海12.8%、関西11.4%、東名阪以外9.2%。
≪ここまで≫

続きを読む

就職活動をしていて嬉しいのが内定の通知ですね。
これで採用されるとひと安心して、今後の仕事に対する夢と希望がわいてくるのですが、
最近は内定通知をもらっても、素直に安心できない、一抹の不安を抱いている人も少なく
ないようです。

今回の地震に関連して、会社自体がなくなってしまった場合、これはやむを得ない事情で
あると納得できるかもしれませんが、単に地震の影響で採用方針を変更せざるを得ないなど
抽象的な説明に終始するような内定取り消しは、安易に許されるべきではありません。

よく内定取り消しになった人数が発表されていますが、この人数はあくまで氷山の一角。
実際には内定取り消しに至らないまでも、最初の雇用条件を変更されたり、採用時期を
延期され、その待機期間の給与保証があいまいであったりなど、会社の誠意のない対応
に戸惑い、怒りすら感じている人もいると思います。

あまりにも対応がひどい場合には泣き寝入りせずに、自分なりの知識を得て、相談できる
人がいれば相談して、内定をもらった会社と話をしていった方がいいでしょう。
内定取り消しはあくまで労働契約上の解雇にあたるわけで、「客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められる場合」以外は安易な取り消しは認められません。

こちらの方にいろいろ情報がありますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

続きを読む

今回の地震は何もかも想像を絶するもので、毎日のニュース報道に胸詰まる思いです。
被災者の方々には1日も早く日常の生活を取り戻す事ができるようになって欲しいと
心から願っています。
そのためにも、日本国民一人ひとりが団結して支援していく必要があると思っています。

この地震の影響で今後の雇用情勢がどのようになっていくのか気になるところです。
今まで就職難の報道が繰り返され、最近も高卒、大卒の就職内定率悪化のニュースが
報道されましたが、文部科学、厚生労働両省の調査で
「春卒業予定の大学生の就職内定率は、2月1日現在で前年同期比2・6ポイント減の
77・4%で、調査を始めた1996年以降で最低だった」
とのことです。

この状況が今回の地震の影響で更に悪化するのかどうか、新卒の皆さんは気をもんで
いるのではないでしょうか。
新卒採用を遅らせると発表する企業も出てきています。
地震が大きく影響を与える事は間違いないと思いますが、重要なのはその情報に
一喜一憂して振り回させられないということ。

自分に今できることをしっかり見つめて、行動する必要があります。
例えば、自分自身のアピールポイントを更に強める努力をする、アピールポイントが
少ないと思うのであれば、増やす努力をする、dきあがった履歴書などを何度も
見直すなど、いくらでもする事はあります。

続きを読む

毎年発表される就職企業人気ランキング。
その時々の経済状況を反映して入れ替わりはありますが、今年は不況に強い企業が
ランクをアップさせているようです。

2012年3月卒業見込みの大学・大学院生を対象に実施した毎日コミュニケーションズの
就職企業人気ランキングでは、文系総合でJTBが4年連続、理系総合でパナソニックが
初めて1位となったとのこと。

その他、全日本空輸、資生堂、オリエンタルランド、三菱東京UFJ銀行、味の素、ソニー、
東芝など、大手企業が名前を連ね、業績好調が報道されているニトリが初めてのTOP10
入りしたとのこと。
就職活動者の安定志向、大手企業志向は依然として強いものがある気がします。

ただ、就職活動の厳しさが依然として続いている中、堅調な業績を続けている中小企業にも
目を向け始めている新卒が増えているとの報道も。
今まで、内定を得ることができなかった就職活動者の多くが、スタート時点でもっと中小企業
にも目を向けていると、もっと早い段階で内定を得ることができたのではないかと思います。

できれば人気の企業に入りたい、有名企業に就職したいという希望もわからなくはありません
が、中小企業に入って自分の力で会社を大きくする、そんな気概も必要ではないかと思います。
現在の就職難は、一部にはこの就職活動の意識のずれがあるような気がします。

続きを読む

このページの上部へ

プロフィール

就職や転職、人生の大きな節目ですね。
自分の思い通りの就職ができ、日々充実した生活を送ることができれば良いのですが、思うように就職活動が進まない、今勤めている会社を1日でも早く辞めたいなど、日々悶々としている人もいると思います。
就職活動が少しでもうまくいけば良い、転職活動に成功したいと考えている方に少しでも参考になるような記事が書ければと思っています。
私も転職を何度も経験しました。また、人事採用に20年以上も携わった経験もあります。
その中で気づいてこと、現状で思っていることを書いていきたいと思います。