eye.jpg

就職・転職関連ニュース 一覧

「上場45社が5千人退職募集 金融不安で雇用悪化」
これはasahi.com10/1のニュース記事のタイトルですが、米国の金融不安に端を発した
景気後退による上場企業の動きですが、これはほんの氷山の一角にしかすぎないと
思います。

株価は大幅にダウンしたかと思うと、今日のように大幅アップに転じたりと、ジェット
コースターさながら、乱高下を繰り返しています。
正確な見通しを立てることが難しい状況ですが、各企業が経済の落ち込みを予測した
動きが広まっているのは確実なようです。

この早期・希望退職を募る動きが加速しているだけではなく、今まで多人数を採用して
きた企業が採用人数を縮小したり、あるいは採用を見送ったりと、企業の業績悪化を
反映して完全失業率のポイントもアップしてきています。

転職や就職を考える場合、このような経済の動きを敏感に感じ取って、判断を誤ること
なく行動することが重要になってきます。
転職の準備を進めてきた人も、本当に今転職することが妥当なのかどうか、もう一度
真剣に考えた方がいいような気がします。
ある意味、転職はいつでもできます。
良い条件の転職先があるのなら別ですが、今の会社に不満があるだけの転職を今
実行するのは危険が大きいだけだと言わざるを得ないですね。

新卒についてはもっと状況が厳しい気がします。
今まで超売り手市場で浮かれていた人も多かったと思いますが、いざ入社して実力が
伴っていなければ、歩む道は茨の道です。
入社までに、自分の能力をさらにブラッシュアップしておくことが望ましいですね。

来年が就職活動だという人も、今から準備を進めておいた方が良いでしょう。
企業の採用状況がどのようにブレるか予断できません。
どのような状況になっても、真の実力を認めてもらって入社するという気持ちを持つこと
が大事である気がします。

続きを読む

転職するときの条件として誰しもまっさきに考えるのが年収ではないでしょうか。
働きがいさえあれば、職場の環境さえ良ければなどのきれいごとで済まされないのが
転職です。
最初は職場環境や仕事内容に満足していても、年収が低ければそのうち不満がたまり、
再度転職なんてことにもなりかねません。
だから、転職する際に給与条件や、年収を考慮に入れるということは重要なんですね。
まあ、年収が良くて働きがいがあり、職場の人間関係も素晴らしい、こんな三拍子そろった
転職は珍しい事ではあると思いますが。

このような転職者の気持をとらえたのが、6/12にプレジデント社より出版された「年収2000万円の転職術」です。
この本は株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア代表取締役 神川貴実彦氏の著書ですが、Amazon書籍ランキングでTOP10になったそうです。
いい大学から優良企業へ進み、努力の割には収入が少ない、高学歴なのに中収入・低資産にあまんじているなど、現在の収入に不満を感じている転職希望者に対して転職のプロの視点より、「成功する転職」のノウハウを記した1冊となっているそうです。

でも、この年収2000万円という言葉はインパクトがあり魅力的ですね。
本当に転職でこのような夢を実現できるとしたら、そのノウハウを読んでみたい気がします。
ただ、読むだけではダメですね。
読んで良いと感じた事を実際に実践しないと、何事も実現できません。

年収2000万円の転職術

続きを読む

「新社会人約5人に1人が既に転職活動」
ちょっとショッキングなニュースですね。
いくらなんでも早すぎませんかと言いたくなるような新社会人の仕事に対する意識ですが、
超売り手市場を背景に、あまり苦労せず、深く考えずに入社したことも一因ではないでしょうか。

これはソフトバンク・ヒューマンキャピタル株式会社が7日に発表した「インターネット・ワークスタイル
白書」の中に書かれている内容です。同社が運営する転職情報サイト「イーキャリア」「イーキャリア
プラス」でのアンケート結果を元にまとめたもので、「インターネット関連業界の動向」「ワークスタイル」「転職・採用の最新事情」などについて興味深い内容を読み取ることができます。

この他にも「中途転職市場の動向調査」や「インターネット業界で働く人の調査」など、参考になる
アンケート結果が多数掲載されていますので、一読する値打ちはあります。

新卒の就職活動にしろ、転職活動にしろ、絶えず情報には敏感になることが重要です。
もちろん、情報に振り回される必要はありませんが、まったく無関心では転職成功は難しいと思わ
れます。

続きを読む

情報処理推進機能(IPA)がIT人材の育成を目的とした予備調査の結果を2月18日に発表しましたが、その内容は「プログラマ35歳定年説」を思い起こさせる結果になっています。

これはIT業界で勤務した経験がある500人の転職経験者を対象にWEBアンケートを実施した結果ですが、同じIT業界への転職よりも、異なる業界への転職割合の方が上回っているという調査結果でした。よく言われるIT業界の過酷な労働環境を垣間見ることのできる調査結果ですね。

最近に限らず、昔からプログラマの35歳定年説はありました。
私は現在ITの技術者を育てる専門学校に勤務していますので、生徒に対してはプログラマ35歳定年説を打ち消して、夢と希望を持たせるようにしています。
最近のIT技術者に対する求人はうなぎ上りですから、私の勤務先にもたくさんの企業から求人の依頼が来ています。
企業は貴重なIT人材を手放したくはないはずだから、プログラマの35歳定年説は過去の話だよと説明しているわけですが、労働環境が良くならない限り、どうしても人材は流動的になってしまいますね。

40歳代になるとIT業務からその他業務への転職が半数近くにもなるという調査結果は、他の業界ではまず見ることができない現象ではないでしょうか。

続きを読む

リクルートの「とらばーゆ」といえば、女性の転職情報誌で有名ですね。
もっとも、女性のための転職情報誌としてサービスを開始した人気転職情報誌も、時代の流れを受けて2007年9月より転職サイトにサービスを移管しましたが、1980年2月にスタートしたということですから、
長い歴史が人気の高さを裏付けています。
一時、女性が転職することを「とらばーゆする」と言ったことは、まだ記憶に新しいところです。

ところで、株式会社リクルートが運営する女性のための転職サイト「とらばーゆ」は、今日2月6日から新たなサービスをスタートさせました。
「とらばーゆ ケータイ版」とのことですが、あれ?今までになかったのという気がしてなりません。
今や携帯で様々な情報を得るのは当たり前の時代。
転職にしても、絶えず自分の希望に合った転職情報があるかどうかはきになるところ。
すぐに携帯でチェックできるというのは素敵なことですね。
さらに携帯から求人に対して応募できるというから、便利になったものです。

現在のところ、対応している携帯のキャリアは、NTTDocomo、au、Softbankの3キャリア。
NTTDocomo、auにおいては2月中に公式メニューとなるそうです。
詳しくはリクルートのサイトをチェックするか、概要がCENT JAPAN のニュースで確認できますので、チェックしてみてください。

続きを読む

新入社員の4割は、就職先を最初から辞めるつもりで入社している。
こんなニュースが流れてくるのも、やはり超売り手市場の影響なのかもしれません。
これは、民間の人材サービス会社シェイクが、今年の9月に、入手半年後の新入社員を対象に実施した調査で明らかになったものです。
しかも、新入社員の、ほぼ3割が3年以内の転職に抵抗感を持っていないというのですから、おどろきですね。

調査結果は、入社して半年が経った新入社員409人(男性206人、女性203人)から回答を得たもので、人数的にはそれほど多くないため、この数値が新入社員全体にどれほど当てはまるかはわかりませんが、最近の傾向はよく表わしていると思います。

転職の理由としては、「仕事を通じて成長しているという実感をもてていない」が51.9%、「やりたい仕事ができない」が48.1%、「上司の指示、指導方法が不満」40.4%という順。
でも、どうなんでしょうか、転職してこれらの不満が本当に解消できるのかどうか、はなはだ疑問です。

続きを読む

最近テレビや新聞でネットカフェ難民のニュースが取り上げられることが多くなりました。
帰る家がなく、低賃金の派遣やアルバイトで稼いだ給料でその日暮らしの生活を送る。人ごととは思えずに胸があつくなります。

良い暮らしをしたいと思うのは誰しも同じですが、生活の基盤がなく、継続した収入も保証されていなければ、将来に対する不安は高まる一方ではないでしょうか。
ネットカフェ難民の問題は、本人自身に責任があると、厳しい意見を持つ人もいるようですが、リストラにあったり、転職に失敗したりして、就職がうまくいかなかった経験を持っている人は、彼らのつらさが本当に実感としてわかると思います。

厚生労働省は28日、「ネットカフェ難民」に関する初の実態調査を公表しましたが。それによると、「難民」といわれる人は全国で約5400人(推計)に上るそうです。

続きを読む

最近の医療現場での医師や看護師の人手不足は予想以上に深刻なようです。
産婦人科で、たらい回しにされたあげく妊婦が死亡した記事を思い出しますが、連日報道された内容は人手不足による産婦人科医の長時間労働の問題でした。
産婦人科に限らず、小児科でも同じような問題が起こっています。

このような現状を受けて、システム運営会社のアイ・メディアエージェント(京都市)は、医師、看護師ら医療・福祉従事者に特化した求人求職インターネットサイトを立ち上げました。
特色は、求人、求職側とも無料で登録できるということ。
求人にはサイトにしても紙媒体にしても、多額の費用がかかるのが常でした。
求人広告費をあまりかけることができない病院にとっては、無料で求人情報を掲載できるメリットは非常に大きいのではないでしょうか。

続きを読む

「人材紹介」といえば、転職希望者を企業に紹介するビジネス。転職を考えている人は一度は人材紹介会社の情報を集めた経験があるのではないかと思います。
即戦力の人材を求める企業にとって、採用ニーズに合わせて登録人材を紹介してくれる人材紹介会社は、利用価値が高く、業界として急成長しているのもうなづけます。

ところが、最近では転職者に限らず、新卒者の紹介を行う新人材紹介ビジネスが急成長しています。
その事例として、株式会社就活カレッジの新人材紹介ビジネスが、NHKニュース「首都圏ネットワーク」で紹介されました。

続きを読む

「面接の達人」は、初めて就職活動を行う新卒だけでななく、転職を考えている人たちにとっても人気の高い本です。
Yahooニュースによると、この本の内容を題材にしたニンテンドーDSソフト「面接の達人 転職編(仮)」が2007年に発売されるそそうです。

内容は面接マスターモード、日々面達モード、トリビアモードがあるようですが、DSで面接のトレーニングをつむことによって、どこまで実践に役立つのか興味がありますね。

続きを読む

このページの上部へ

プロフィール

就職や転職、人生の大きな節目ですね。
自分の思い通りの就職ができ、日々充実した生活を送ることができれば良いのですが、思うように就職活動が進まない、今勤めている会社を1日でも早く辞めたいなど、日々悶々としている人もいると思います。
就職活動が少しでもうまくいけば良い、転職活動に成功したいと考えている方に少しでも参考になるような記事が書ければと思っています。
私も転職を何度も経験しました。また、人事採用に20年以上も携わった経験もあります。
その中で気づいてこと、現状で思っていることを書いていきたいと思います。